Loading

ブログ

国税庁:源泉所得税改正のあらましを公表!

 国税庁では、同庁ホームページ上において、源泉所得税改正のあらましを公表しております。
 それによりますと、給与支払明細書及び給与所得の源泉徴収票の記載すべき事項を電磁的方法で提供するための要件について、給与等の支払者から支払を受ける者に対して、「給与等の支払者が定める期限までに承諾をしない旨の回答がないときは承諾があったとみなす」旨を通知し、期限までに回答がなかったときは、承諾を得たものとみなす方法が追加されました。
 上記の改正は、2023年4月1日以後に行う通知について適用されます。

 また、ストックオプション税制(特定の取締役等が受ける新株予約権の行使による株式の取得に係る経済的利益の非課税等)の適用対象となる新株予約権に係る契約の要件において、新株予約権の行使は、付与決議の日後10年を経過する日までの間に行うこととの要件について、一定の株式会社が新株予約権を付与する場合には、その新株予約権の行使はその付与決議の日後15年を経過する日までの間に行うことされ、この改正は、2023年4月1日以後に行われる付与決議に基づき締結される契約により与えられる一定の新株予約権について適用されます。

 国税庁では、同庁ホームページ上において、源泉所得税改正のあらましを公表しております。
 それによりますと、給与支払明細書及び給与所得の源泉徴収票の記載すべき事項を電磁的方法で提供するための要件について、給与等の支払者から支払を受ける者に対して、「給与等の支払者が定める期限までに承諾をしない旨の回答がないときは承諾があったとみなす」旨を通知し、期限までに回答がなかったときは、承諾を得たものとみなす方法が追加されました。
 上記の改正は、2023年4月1日以後に行う通知について適用されます。

 また、ストックオプション税制(特定の取締役等が受ける新株予約権の行使による株式の取得に係る経済的利益の非課税等)の適用対象となる新株予約権に係る契約の要件において、新株予約権の行使は、付与決議の日後10年を経過する日までの間に行うこととの要件について、一定の株式会社が新株予約権を付与する場合には、その新株予約権の行使はその付与決議の日後15年を経過する日までの間に行うことされ、この改正は、2023年4月1日以後に行われる付与決議に基づき締結される契約により与えられる一定の新株予約権について適用されます。

関連記事

  1. 国税庁:2021年度税制改正における短期退職手当等のQ&Aを公表…
  2. 2022年度税制改正:財産債務調書制度を見直しへ!
  3. 家内労働者等の必要経費の特例とは
  4. 国税庁:2020年度租税滞納状況を公表!
  5. 酒類の手持品課税(戻税)について注意を呼びかけ!
  6. インボイス制度:新たに設立された法人等の登録時期の特例とは
  7. 総務省:2021年度税制改正要望を公表!
  8. 2023年度税制改正:加算税制度を見直しへ!

税制改正情報

PAGE TOP