Loading

ブログ

インボイス「2割特例」の適用が受けることができない課税期間とは

 インボイス制度における小規模事業者に係る税額控除に関する経過措置の「2割特例」は、適格請求書発行事業者の2023年10月1日から2026年9月30日までの日の属する各課税期間において、免税事業者(「消費税課税事業者選択届出書」の提出により課税事業者となった免税事業者を含む)が適格請求書発行事業者となる場合に適用することができますが、2割特例の適用を受けることはできない課税期間もありますのでご注意ください。

 具体的には、
①基準期間の課税売上高が1千万円を超える課税期間
②特定期間における課税売上高による納税義務の免除の特例により事業者免税点制度の適用が制限される課税期間
③相続・合併・分割があった場合の納税義務の免除の特例により事業者免税点制度の適用が制限される課税期間
④新設法人が一定規模以上の法人である場合、新設法人・特定新規設立法人の納税義務の免除の特例により事業者免税点制度の適用が制限される課税期間
⑤新設法人及び特定新規設立法人の特例の適用を受けた課税期間中に、本則課税で調整対象固定資産の仕入れ等を行ったことにより事業者免税点制度の適用が制限される課税期間
 インボイス制度における小規模事業者に係る税額控除に関する経過措置の「2割特例」は、適格請求書発行事業者の2023年10月1日から2026年9月30日までの日の属する各課税期間において、免税事業者(「消費税課税事業者選択届出書」の提出により課税事業者となった免税事業者を含む)が適格請求書発行事業者となる場合に適用することができますが、2割特例の適用を受けることはできない課税期間もありますのでご注意ください。

 具体的には、
①基準期間の課税売上高が1千万円を超える課税期間
②特定期間における課税売上高による納税義務の免除の特例により事業者免税点制度の適用が制限される課税期間
③相続・合併・分割があった場合の納税義務の免除の特例により事業者免税点制度の適用が制限される課税期間
④新設法人が一定規模以上の法人である場合、新設法人・特定新規設立法人の納税義務の免除の特例により事業者免税点制度の適用が制限される課税期間
⑤新設法人及び特定新規設立法人の特例の適用を受けた課税期間中に、本則課税で調整対象固定資産の仕入れ等を行ったことにより事業者免税点制度の適用が制限される課税期間

関連記事

  1. 国税庁:申告書等閲覧サービスの一部改正を公表!
  2. 金融庁:2023年度税制改正要望を公表!
  3. 国等から個人に対して支給される助成金の課税上の取扱い
  4. 国税庁:納税の猶予の特例の適用で法令解釈通達を公表!
  5. 火災保険の契約者と建物の所有者が異なる場合の課税について
  6. 国税庁:復帰支援一時金の所得税法上の取扱いを公表!
  7. インボイス制度:適格請求書発行事業者の登録後の注意点!
  8. 2022年度税制改正:財産債務調書制度を見直しへ!

税制改正情報

PAGE TOP