Loading

ブログ

財務省:2021年度租税特別措置の適用実態調査結果を公表!

 財務省の「2021年度租税特別措置の適用実態調査結果報告書」によりますと、2021年度(2021年4月から2022年3月)に終了した事業年度又は連結事業年度において、適用額明細書の提出があった法人数は約142万法人(2020年度約137万法人)で前年度から3.9%増加、適用件数は法人税関係の租税特別措置81項目(同81項目)について約223万件(同約209万件)と同6.4%増加しました。

 租税特別措置の主な種類ごとにみてみますと、中小企業への軽減税率(資本金1億円以下の中小企業には年800万円以下の所得に特例で15%(本則の軽減税率は19%)の税率)を適用する「法人税率の特例」(2措置)が、適用件数が約104万件(2020年度比4.3%増)、適用額が4兆2,937億円(同8.6%増)と最も多く、「税額控除」(19措置)は、適用件数が約18.7万件(同28.2%増)、適用額が9,437億円(同32.4%増)となりました。

 財務省の「2021年度租税特別措置の適用実態調査結果報告書」によりますと、2021年度(2021年4月から2022年3月)に終了した事業年度又は連結事業年度において、適用額明細書の提出があった法人数は約142万法人(2020年度約137万法人)で前年度から3.9%増加、適用件数は法人税関係の租税特別措置81項目(同81項目)について約223万件(同約209万件)と同6.4%増加しました。

 租税特別措置の主な種類ごとにみてみますと、中小企業への軽減税率(資本金1億円以下の中小企業には年800万円以下の所得に特例で15%(本則の軽減税率は19%)の税率)を適用する「法人税率の特例」(2措置)が、適用件数が約104万件(2020年度比4.3%増)、適用額が4兆2,937億円(同8.6%増)と最も多く、「税額控除」(19措置)は、適用件数が約18.7万件(同28.2%増)、適用額が9,437億円(同32.4%増)となりました。

関連記事

  1. 個人の振替依頼書等のe-Taxでの提出が2021年1月からスター…
  2. 国税庁:電子帳簿保存制度の特設サイトを開設!
  3. 2020年分の路線価等に係る地価変動補正率表を公表!
  4. 国税庁:申告所得税及び個人事業者の消費税の振替納付日を延長へ!
  5. 国税庁:源泉所得税改正のあらましを公表!
  6. 家内労働者等の必要経費の特例とは
  7. 国税庁:ひとり親控除及び寡婦控除に関するFAQを公表!
  8. 新型コロナ税特法による印紙税の非課税措置を1年間延長へ!

税制改正情報

PAGE TOP