Loading

ブログ

被相続人の居住用財産に係る譲渡所得の特別控除の特例とは

 被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例とは、相続や遺贈により取得した被相続人居住用家屋または被相続人居住用家屋の敷地等を、2016年4月1日から2023年12月31日までの間に売って、一定の要件に該当する場合は、譲渡所得の金額から最高3,000万円まで控除することができる特例をいいます。

 ただし、すべての空き家が控除対象となるわけではありませんので、下記ご確認ください。
 特例の対象となる「被相続人居住用家屋」とは、相続の開始の直前において被相続人の居住の用に供されていた家屋で、
①1981年5月31日以前に建築されたこと
②区分所有建物登記がされている建物でないこと
③相続の開始の直前において被相続人以外に居住をしていた人がいなかったことの3つの要件すべてにあてはまるもの(主として被相続人の居住の用に供されていた一の建築物に限る)をいいます。

 要介護認定等を受けて老人ホーム等に入所するなど、一定要件を満たすときは、その居住用に供されなくなる直前まで被相続人の居住用に供されていた家屋は被相続人居住用家屋に該当します。

 また、特例の対象となる「被相続人居住用家屋の敷地等」とは、相続開始直前に被相続人居住用家屋の敷地の用に供されていた土地またはその土地の上に存する権利をいいます。
 特例の適用を受けるための要件は、
①売った人が、相続や遺贈により被相続人居住用家屋および被相続人居住用家屋の敷地等を取得したこと
②相続や遺贈により取得した被相続人居住用家屋を売るか、被相続人居住用家屋とともに被相続人居住用家屋の敷地等を売ること又は相続や遺贈により取得した被相続人居住用家屋の全部の取壊し等をした後に被相続人居住用家屋の敷地等を売ること
③相続の開始があった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに売ること
④売却代金が1億円以下であること

 なお、被相続人居住用家屋と一体利用していた部分を別途分割して売却している場合などでの1億円以下かの判定は、相続時からこの特例の適用を受けて被相続人居住用家屋等を売却した日から3年を経過する日の属する年の12月31日までの間に分割して売却した部分なども含めた売却代金により行いますので、あわせてご確認ください。

(注意)
 上記の記載内容は、令和5年1月5日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。

関連記事

  1. インボイス制度の登録申請が令和3年10月1日より受付開始!
  2. 国税庁:65万円青色申告特別控除についてリーフレットを公表!
  3. 相続税申告と納税が必要な納税者は早めに準備を!
  4. 国税庁:年末調整手続きの電子化をPR!
  5. 重要な事項を変更する変更契約書には、印紙の貼付が必要!
  6. 2021年度税制改正:教育資金の一括贈与の非課税制度の改正
  7. 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置を公表
  8. 国税庁:所得税還付申告に関する国税当局の対応を公…

税制改正情報