Loading

ブログ

東京商工会議所:2023年度税制改正に関する意見を公表!

 東京商工会議所は、2023年度税制改正に関する意見を公表しました。
 それによりますと、コロナ禍の長期化に加え、資源・原材料価格の高騰等による物価上昇が中小企業経営に大きな打撃を与え、大変厳しい状況に直面していることや、中小企業については、わが国企業数の99.7%、雇用の約7割、税や社会保険料支払額の約5割を占めるなど、雇用、生産、消費、財政等の面で大きな役割を果たしていると指摘しております。

 地域については、住民にとって必要な生活インフラとしての機能や、まちづくりを進めるプレーヤーなど、中小企業は大きな役割を果たし、地方創生に欠かせない存在となっており、中小企業の活力強化なくして、日本及び地域全体の成長はあり得ないとも指摘しております。

 こうした状況を踏まえ、「中小企業の自己変革への挑戦」や「地方創生の取組み」を税制面から強力に後押しする必要があると主張しております。
 中小企業の自己変革への挑戦を後押しする税制では、中小企業の設備投資等の挑戦支援(中小企業経営強化税制の延長・拡充、中小法人の法人税率の軽減税率の延長・恒久化など)を要望しております。

 さらに、中小企業のイノベーションやDX・GXへの挑戦支援(研究開発税制等の延長・拡充等)、創業・スタートアップの促進(業績連動給与の適用対象拡大、創業後5年間の法人税減免等)なども要望しております。

 消費税インボイス制度の導入延期を含めた対応では、政府による十分な「検証」の実施、政府による事業者への普及・周知の徹底、インボイス制度導入の影響最小化策の実行(免税事業者からの仕入について100%控除の容認、徹底的な申告書の簡素化、届出不要で原則簡易課税の適用、3万円未満取引は帳簿保存のみで仕入税額控除適用等)、検証結果や中小企業経営の実態を踏まえた制度導入時期の延期などを求めております。

 地方創生と内需拡大を後押しする税制では、地方創生と内需の拡大(地域未来投資促進税制の延長・拡充等)、防災・減災への対応(中小企業防災・減災投資促進税制の延長・拡充等)を求めております。
 また、円滑な事業承継の実現に資する税制では、事業承継税制の見直し、贈与税の暦年課税制度の維持・見直しなどを要望しております。
 今後の税制改正の動向に注目です。

(注意)
 上記の記載内容は、令和4年10月14日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。

関連記事

  1. 所有者不明土地の問題解決に向けて申告を制度化!
  2. 経済産業省:2022年度税制改正要望を公表!
  3. 青色申告と白色申告の記帳や帳簿等の保存の相違点
  4. 国税庁:2021年度相続税の物納申請状況等を公表!
  5. 店舗が決済事業者に支払う手数料の消費税の取扱いに注意!
  6. 消費税の課税対象となる資産の譲渡等とは
  7. 源泉所得税等の納期の特例と納付期限
  8. 国税庁:電子申告義務化の対象範囲の拡大を公表!

税制改正情報

PAGE TOP