Loading

ブログ

国税庁:電子帳簿保存制度の特設サイトを開設!

 国税庁では、同庁ホームページ上において、「電子帳簿保存制度の特設サイト」を開設しております。
 電子帳簿保存法は、税務関係帳簿書類のデータ保存を可能とする法律で、同法に基づく各種制度を利用することで、経理のデジタル化が図れ、取引に関する書類に通常記載される情報(取引情報)を含む電子データをやり取りした場合の当該データに関する保存義務やその保存方法等についても同法により定められております。

 2021年度税制改正では、電子帳簿保存法の改正により、帳簿書類を電子保存する際の手続き等が抜本的に見直されました。
 事前承認制度の廃止、タイムスタンプ要件及び検索機能要件の緩和、適正事務処理要件の廃止、電子取引データ保存の義務化などが行われ、いずれも2022年1月1日から施行されていますが、電子データ保存の義務化についてはその後、猶予が設けられ、2024年1月1日施行となっております。

 同特設サイトでは、電子帳簿保存法上のデータ保存区分である電子帳簿等保存、スキャナ保存、電子取引の3つの区分について、概要や改正事項について詳しく解説しておりますので、ご確認ください。

 電子データ保存義務化の施行時期見直しにも配慮し、2023年12月31日までに行う電子取引については、保存すべき電子データをプリントアウトして保存し、税務調査等の際に提示・提出できるようにしていれば差し支えない旨(事前申請等は不要)を強調するとともに、2024年1月1日からは保存要件に従った電子データの保存が必要となるとして、所得税法・法人税法上の保存義務者に向けて、そのために必要な準備を呼びかけております。

 また、電子帳簿・電子書類関係では、所得税法、法人税法又は消費税法の保存義務が課される帳簿について、改正前の要件に相当する要件を充足して電子保存し、その旨を事前に届け出た者については、その電子帳簿(優良な電子帳簿)に関連して過少申告があった場合には、過少申告加算税を5%軽減する措置が設けられており、個人事業者については、さらに青色申告特別控除(65万円)の適用が受けられることを説明しておりますので、あわせてご確認ください。

(注意)
 上記の記載内容は、令和4年9月16日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。

関連記事

  1. 東京商工リサーチ:減資企業動向調査の結果を公表!
  2. 東京都:宿泊税の課税を10月1日から再開!
  3. 個人事業主が立替え払いした交通費等の源泉徴収の扱い
  4. 2020年度税制改正:自動販売機型輸出物品販売場制度を創設!
  5. 2021年度税制改正:電子帳簿保存制度を抜本的見直しへ!
  6. 配偶者控除の適用を受ける配偶者の所得金額の範囲に注意!
  7. 退職所得の源泉徴収票の提出範囲と提出枚数について
  8. 2月締めの会社様へ、確定申告対策は大丈夫ですか?

税制改正情報

PAGE TOP