Loading

ブログ

国税庁:2019年分相続税の申告状況を公表!

 被相続人1人あたりでみてみますと、課税価格が前年比1.9%減の1億3,694万円(相続税額のない申告書に係る価格は5,116万円)となり、税額も1,714万円で同5.4%と減少しました。
 また、相続財産額の構成比は、「土地」が34.4%となり、「現金・預貯金等」が33.7%、「有価証券」が15.2%、退職金や生命保険などが含まれている「その他」が11.5%、「家屋」が5.2%の順となりました。

 前年と比べて「土地」は0.7ポイント減となり、「現金・預貯金等」は1.4ポイント増加し、過去10年では最高の構成比となりました。
 「現金・預貯金等」の構成比は、9年前の2010年分の23.3%(2兆6,670億円)から2019年分は33.7%(5兆6,434億円)と、10.4ポイント上昇しました。
 また、「有価証券」も2010年分の10.5%(1兆3,889億円)から2019年分は15.2%(2兆5460億円)と4.7ポイント上昇しました。
 「土地」は、2010年分の48.3%(5兆5,332億円)から2019年分は34.4%(5兆7,610億円)と13.9ポイント下落となりました。

 被相続人1人あたりでみてみますと、課税価格が前年比1.9%減の1億3,694万円(相続税額のない申告書に係る価格は5,116万円)となり、税額も1,714万円で同5.4%と減少しました。
 また、相続財産額の構成比は、「土地」が34.4%となり、「現金・預貯金等」が33.7%、「有価証券」が15.2%、退職金や生命保険などが含まれている「その他」が11.5%、「家屋」が5.2%の順となりました。

 前年と比べて「土地」は0.7ポイント減となり、「現金・預貯金等」は1.4ポイント増加し、過去10年では最高の構成比となりました。
 「現金・預貯金等」の構成比は、9年前の2010年分の23.3%(2兆6,670億円)から2019年分は33.7%(5兆6,434億円)と、10.4ポイント上昇しました。
 また、「有価証券」も2010年分の10.5%(1兆3,889億円)から2019年分は15.2%(2兆5460億円)と4.7ポイント上昇しました。
 「土地」は、2010年分の48.3%(5兆5,332億円)から2019年分は34.4%(5兆7,610億円)と13.9ポイント下落となりました。

(注意)
 上記の記載内容は、令和3年4月1日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。

関連記事

  1. 新型コロナウイルス感染症に伴うチケット寄附での優遇税制を創設!
  2. 国税庁:2019事務年度の富裕層調査状況を公表!
  3. 医療費控除:健康維持や病気予防などの費用は対象外!
  4. 相続税申告も電子申告が可能へ!
  5. 国税庁:申告書等閲覧サービスの一部改正を公表!
  6. 国税庁:「2020年分からの年末調整の簡便化について」を公表!
  7. 財務省:2020年度租税特別措置の適用状況を公表!
  8. 国税庁:在宅勤務に係る費用負担等に関するFAQを更新!

税制改正情報

PAGE TOP