Loading

トピックス

確定申告の時期になりました

2020年版・令和元年分の

個人事業主の確定申告には、「白色申告」と「青色申告」の2種類があります。
まず、白色申告では、収支を単純に計算する「単式簿記」帳簿をつければよいことになっています。
事前に届出をする必要もなく、青色申告とくらべ手間も少ないのが特徴です。

青色申告の場合は、「青色申告承認申請書」を一定の期間内に納税地の所轄税務署長に提出します。
承認を得たい年の3月15日までに手続きを行わなければなりません。
青色申告は複式簿記を行うことで、最大65万円の特別控除を受けることができます。青色申告を行う一番のメリットでもあります。
それぞれの項目(勘定科目)に分けて取引の金額を記録するのが複式簿記です。
他に複式簿記で青色申告を行った場合のメリットは赤字を3年間にわたって繰越しできたり、貸倒引当金の一括処理ができたりと、そのほかにも多くのメリットがあります。

白色申告でも記帳が義務化されていますので、個人事業主でもできれば会計ソフト{弥生会計)などを利用しながら、節税効果の高い青色申告にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP