Loading

ブログ

国税庁:法人税等の申告漏れ状況を公表!

国税庁は、2018事務年度(2019年6月までの1年間)における法人税等の調査事績を公表しました。

 それによりますと、大口・悪質な不正計算が想定されるなど調査必要度の高い9万9千法人(前年度比1.3%増)を実地調査した結果、そのうち約75%に当たる7万4千件(同1.8%増)から総額1兆3,813億円(同38.2%増)の申告漏れを見つけました。
 追徴税額は1,943億円(同0.2%減)で、調査1件当たりの申告漏れ所得は1,397万円(同36.4%増)となりました。

 調査した21.1%(不正発見割合)に当たる2万1千件(前年度比1.4%増)が故意に所得を仮装・隠ぺいするなどの不正を行っており、その不正脱漏所得は前年度比0.1%減の2,887億円となり、1件当たりでは同1.5%減の1,386万円となりました。
 また、法人消費税については、法人税との同時調査で9万5千件(同1.4%増)の実地調査を実施し、そのうち、5万6千件(同0.6%増)に非違があり、税額800億円(同6.9%増)を追徴しました。
 不正を業種別(調査件数350件以上)にみてみますと、不正発見割合の高い10業種では、「バー・クラブ」が70.3%で17年連続のワースト1位となりました。
 以下、「外国料理」(46.7%)、「大衆酒場、小料理」(46.3%)、「その他の飲食」(42.7%)、「自動車修理」(29.2%)となりました。

 また、1件当たりの不正所得金額が大きい10業種では、1位が「輸入」(4,385万円)となり、以下、「その他の化学工業製造」(4,237万円)、「産業用電気機械器具製造」(3,146万円)、「パチンコ」(3,063万円)となりました。

 なお、源泉所得税については、2018事務年度は11万6千件(前年対比0.4%増)の源泉徴収義務者について実地調査を行い、このうち、非違があったのは3万6千件(同0.6%増)で、その追徴税額は重加算税適用税額73億円を含む370億円(同21.8%増)となりました。

 追徴税額の本税額(333億円)では、「給与所得」が217億円と約65%を占め、以下、「非居住者等所得」が94億円、「報酬料金等所得」が13億円と続きました。

(注意)
 上記の記載内容は、令和元年12月16日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。

関連記事

  1. 金融庁:2020年度税制改正要望を公表!
  2. 東京税理士会:2019年度における税務調査アンケート結果を公表!…
  3. 国税庁:ひとり親控除及び寡婦控除に関するFAQを公表!
  4. 国税庁:申告書等閲覧サービスの一部改正を公表!
  5. 「居住者」、「非居住者」のどちらに該当するのか!?
  6. 国税庁:軽減税率制度実施後の消費税申告書作成の留意点を掲載!
  7. 2019年分の所得税確定申告:スマートフォンでの利用範囲が拡大へ…
  8. 中小企業における消費税の価格転嫁等に関する実態調査結果を公表!
PAGE TOP